こまきねポンプの漢2人旅

写真撮る人と未来の宇宙飛行士の、世界一周日記ブログ。

アメリカで最後のご褒美があった話

ありがとうございます、石崎です。

 

ロサンゼルス内でラスト車中泊をかましてきました。

f:id:komakinepump:20190120034259j:image

後部座席を倒せばフラット(に近い状態)になって、前回よりも寝やすかったです。

ただ恐ろしく寒くて夜中に一度起きました。

 

寝る前、

「ロサンゼルスは暖かいから毛布はいらないな〜」

とザコ発言をしていたことが悔やまれます。

 

Wi-fiとトイレを求めてお馴染みのマクドへ。

 

すると駐車場で隣の車のジイさんが、

「お前駐車する時に車当てただろ!ドライビングライセンス出せぇ!」

と突っかかってきました。すぐさまナンバープレートをメモり始めたのです。怖っ。

 

もちろん当たってないです。

初めは気付かず当ててしまったのかと思い、話を聞いてみると、

訳の分からない車のリア部分を指差して、「ここ!見てみろ!お前当てただろ!」

 

一切傷も無ければ、その周りにもダメージは見当たりませんでした。僕の車のフロント部分にも。

 

f:id:komakinepump:20190120034403j:image

こっちはレンタカーだし保険に入ってるとはいえ、アクシデントとなると色々ややこしすぎます。

僕も朝からたまったもんじゃないと猛反論。

トイレ行きたくてしょうがないのにぃ!

 

ジイさんとワーワー揉めていると、通りすがりの女性が声を掛けてきて、

 

女性「あなたがもし後ろから当ててしまったのなら、どうであろうがあなたの責任になるわ。」

と、客観的な意見を述べてきました。

 

僕「いや、当ててないねん。

ジイさんがこの部分に傷ついたって言うけど、どう思うこれ?絶対当たってないやん。」

 

彼女がジイさんと僕の車をじっくり観察して、

 

女性「…ほんまや。

 

ジイさんは「警察呼ぶぞ!」とか言ってきますが、「呼ぶなら呼べや!」と僕も言いながら内心、

「本当に勝てるのかな〜。手続きややこしそうやから正直やめてほしいな(笑)」と不安。

しかしここは駆け引きでした。

 

女性が、

「あなたもう行っても良いと思うわよ。もしこのジイさんが保険会社に連絡したところで、ダメージがないから何も起きないわ。」

と言ってくれました。

 

ジイさんも観念したのか、

「もうええわぁ!」と車去って行きました。

 

一件落着!

 

あの野郎〜!(笑)

ヒヤヒヤさせやがって〜!そして通りすがりの女性ありがとうございました!助かりました。

f:id:komakinepump:20190120015012j:image

朝から一仕事を終え、Sサイズのコーヒーをブラックで。

 

車に戻っていつもの朝ごはんを食べて、マクドのWi-fi乞食をしながら荷物を整理したりしました。

 

そしてT氏のお宅へ着いて少し話してから、ロサンゼルスを案内してくれるとのことでまずはランチへ。

f:id:komakinepump:20190120140106j:image

お肉をご馳走してくれました。最高に美味しかったです。JPLについてのお話も聞くことができました。改めて説明しますとJet Propulsion Laboratory(ジェット推進研究所)といってNASAの研究所です。

 

続いて向かったのはビバリーヒルズ!

f:id:komakinepump:20190120140134j:image

車で通りすぎただけなので残念ながら写真は全然ありません。

屋敷やお城みたいな家もありました。

贅沢な暮らしなんでしょうけど、ここへ住みたいとは思いませんでした。性に合わないのだと思います。

 

そしてサンタモニカへ。
f:id:komakinepump:20190120140050j:image

ここは最高でした。今までの人生でNo.1のビーチだと思います。
f:id:komakinepump:20190120140129j:image

空も広く感じて、何より天気が良い!

f:id:komakinepump:20190120140035j:image

有名なやつも一応撮っておきました。正直どうでも良いですが。

 

定番のものより、この圧巻の景色に興奮です。
f:id:komakinepump:20190120140044j:image
f:id:komakinepump:20190120140111j:image
f:id:komakinepump:20190120140101j:image

橋があって、海を上から眺めることができます。結構泳いでる人がいました。

いやいや、海で気温は低いしそもそも冬なので肌寒いです。アホなのか…?


f:id:komakinepump:20190120140054j:image

水平線。奥には日本か〜と黄昏れるには最高な場所ですね。

 

T氏は色々な場所を案内してくれますが、もっとパーソナルな話がしたかった僕は、いまいち満足感がありませんでした。

 

このまま終わったら、せっかく色々な話を聞ける貴重なチャンスを逃してしまう。

 

いやこの俺が目の前のチャンス逃してたまるか!

 

覚悟を決めてここは自分の踏ん張り時だと思い、ガンガン話しかけていきました。

 

その甲斐あって、T氏もしっかり話してくれて会話が弾みました。

自宅へ帰る車内では非常に貴重なお話を聞くことができ、充実した時間でした。

 

他にも僕の旅や人生観についても話すことができました。

話が盛り上がって、彼の天体望遠鏡を使って月を見ようということになりました。
f:id:komakinepump:20190120140039j:image

家へ到着。すっかり暗くなって、LAの夜景を見ながらトーク。
f:id:komakinepump:20190120140121j:image

そしてベランダから巨大な天体望遠鏡で月を見ることができました。なんとラッキーなことに今日は満月。もう本当に運が良いなぁワシ。

 

月はくっきりと見えて、美しくて何度も覗きこみました。本当に素晴らしい時間を過ごせました。

 

T氏とお別れして、親戚の家へ戻るために1時間ほどドライブ。

車内では、よくやったと珍しく自分を褒めてあげました。

 

僕が自分を褒めてあげれたのは、しっかり準備をしたからです。

T氏と会うということで、聞きたい質問や起こりうるシチュエーションを想定して、ある程度の対応をシュミレートしておきました。

 

会話に出てきそうな英単語は先に調べていたり、自分の旅についてのエピソードやアイデアを簡潔にまとめておいたり。

 

その全てに出番があった訳ではありませんが、見事にその準備が役立つシーンもありました。

 

なにより、T氏の英語が全て聞き取れて、僕も普通に話せていたことにグッジョブ!

毎日英語を勉強していたのはここに活きたのか!英語力ちゃんとついてるではないか。

 

最近は英語を使わない生活だったので、英会話は久しぶりで不安でした。

待ち合わせまでの時間、ヒデと英会話の練習をしたくらい心配していました(笑)

 

が、たぶん本番に強いタイプなので意外といけました。

アメリカで旅の最後にこんなご褒美のようなイベントがあるなんて。本当に人生は面白いですね。

 

無事親戚の家へ着いて、お餅とビールを出してもらえたので、ヒデと乾杯。f:id:komakinepump:20190120140116j:image

いや〜運転お疲れ様自分!

ロサンゼルスからグランドキャニオンの往復で1700km以上運転しました。

 

明日はレンタカーを返却して、夜行バスでサンフランシスコへ行きます。

遂に帰国フライトを乗りにいくのです。

 

今日もありがとうございました。